ヒルドイドの処方制限

くすりエクスプレス

アトピー性皮膚炎などの症状を和らげる働きがあるヒルドイドですが、美容目的で皮膚科などに通う女性が増え続けており問題となっています。

 

保湿性が高いので、かゆみ止めなどの効果上に美容に効果があるという口コミがネット上で注目されたのが原因です。もちろんヒルドイド自体に美容効果を目的として製造されているわけではありませんが、実際に使用してみて、保湿剤以上の効果を実感された方がいたのでしょう。

 

そのために、医薬品を目的以外に使用することが問題として提起され、ヒルドイドクリームの処方制限がかかるかもしれないのです。

 

しかし、本当にアトピー性皮膚炎で悩んでいる人にとってはヒルドイドクリームが今よりも手に入りにくい環境になってしまうことがとても深刻な問題です。

 

また、ガン治療の副作用としての肌の乾燥やかゆみにも、ヒルドイドクリームが処方されることもあり、本当に必要な人に行き届きにくくなることは避けてもらいたいところです。

 

このようなことにならないように、私自身の考えでは、同じ成分の保湿剤を市販すればいいのではと考えています。もちろん医薬品を市販することのリスクは考えなければいけませんが、病院にまで押し掛ける今の状態を見ていると、どのような解決策が一番いいのかがわかりません。

 

女性の方の美容に関するモラルをも吹き飛ばすヒルドイドクリームはとても優れているということは間違いがないようです。

このページの先頭へ戻る